iPhoneにはこんな便利機能・アプリがある!

ウェブ閲覧 しやすい

最近では、スマートフォンでウェブサイトを閲覧することが当たり前となりました。iPhoneなどのスマートフォンで、ウェブサイトを閲覧すると、通常、スマホ閲覧用サイトが表示されてしまいます。文字が見やすい場合もあるのですが、パソコンで見慣れた画面で閲覧したい時もあります。そんな時は、iPhoneのSafariのPC(デスクトップ)閲覧モードがおすすめです。Safariのアドレスバーの右にある更新マークを長押しすると、「デスクトップ用サイトを表示」というメニューが表示されますので、タップするだけで、パソコンで見慣れた画面が表示されます。

また、ニュース記事などは、どうしてもサイトのデザインや広告が邪魔して読みづらい時があります。そのような時は、Safariの「リーダー表示機能」がおすすめです。アドレスバーの左のマークをタップするだけで、サイトの本文や写真などだけが切り出すことができます。さらに、フォントや文字サイズ、背景色などを調整できます。電子書籍と同じようにニュースなどを読みやすく表示させることができますから、ニュースなどの記事を読むことの多い人には覚えておいてほしい機能です。

そして、自分のプライベートがたくさん詰まったiPhoneですが、ウェブサイトの閲覧履歴などを見られるのがなんとなく嫌な人も多いのではないでしょうか。iPhoneのプライベートモードは、履歴を残さず、ウェブサイトを閲覧できることができる機能です。Safariを開いて、画面左下の「プライベート」をタップするだけで、アクセスしたサイト、検索履歴などが毎回削除され、すべてsafariに残ることはありません。また、クッキー、自動入力の情報も残りませんので、セキュリティ対策にもなります。しかし、頻繁に閲覧するサイトの利用時にパスワードなどの入力に手間がかかる場合は、通常モードで操作するなどの使い分けすることをおすすめします。